キャリアウーマン・・・並みの男性の倍は年収

8
archive

自分でいうのもなんですがキャリアウーマンで、並みの男性の倍は年収がある。

そんな私は、管理職になったあたりから会社の男性が恋愛対象に見えなくなり、男性側もまた女性としての私は敬遠するようになってきました。

会社の上司の女と結婚する勇気がある男性など、なかなかいません。

一度、取引先の年上バツイチの男性とお付き合いしまして同棲しましたが、こちらが同等以上に働いているにもかかわらず、主婦業は強いてきます。

それに耐えかねて、お別れしました。

私の友人たちは、「だったら年下と結婚すればいい。

年下だったら、ハウスハズバンドになりやすいよ。

気を使わなくても済むし。

」とアドバイスしてくれます。

確かに私と同じように仕事ができて、自立している友人の一人は、早い段階で7つ年下の男性と結婚し、今でも仲良く暮らしています。

子供がいないせいか、まだまだラブラブ。

とてもうらやましいと思っていました。

しかし、そんな「男性としての意地」や「プライド」を軽やかに捨てて、女性に尽くしてくれるような勇気ある男性が、早々いないことも知っています。

私に近づいてきた年下の男性は金銭的にも甘えてくるばかりで、ギブアンドテイクが成立しない人ばかりでした。

結婚願望はあります。

自分の確固たる「幸せな居場所」は欲しいのです。

悩んだ挙句、結婚相談所の門を叩きました。

「ハウスハズバンドとして全うしてくれる男性、もしくはきちんと自立して、私を尊重してくれる男性」これだけが望みでした。

入会して2か月たったあたりでしょうか。

農業をしている5つ年下の男性を紹介されました。

農家に生まれた次男坊。

両親もまだまだ元気でした。

誠実そうで気がよく利く人。

同じ敷地内の別棟に住んでいるという両親ともお会いましたが、「農業を一緒にする必要はない。

今の女性は、自分の仕事があるなら、全うするほうがいいでしょう。」と言ってくれました。

「介護の時は、私らの蓄えから、お金にものを言わせたらいいわ」といって笑ってもくれました。

その人と結婚しました。

家に帰ると、何時になっても暖かいご飯が出てきます。

幸せです。

結婚相談所でなければ、出会わなかった人です。

母が大病を・・・

大阪 結婚相談所
archive

父を早くに亡くし、その後一生懸命に私を育ててくれた母が、私が28歳になったときに、大病を患ってしまいました。

病院からは無事に退院できましたが、後遺症が残り、一人暮らしをさせるのは忍びない様子。

一人娘であった私は、一緒に暮らすことにしました。

しかし、私が45歳を過ぎたあたりから、母はますます悪くなり、介護問題まで、私にかかってきてしまいました。

心の拠り所も全くない私は、孤立無援で戦っているような疲れと、母が他界したら一人ぼっちになってしまうことへの不安でいっぱいになりました。

しかし、こんな状況の私と、苦労を承知で結婚してくれる男性がいるのだろうか、かといって遊びで付き合うことはしたくないのが私の気持ちで、それでもいいと言ってくれるような男性と巡り合うこともないだろうと、結婚は半ば諦めていました。

若かったらいざ知らず、こんなに問題を抱えている40過ぎに女性を愛してくれる人が果たしているのか、男性の立場になって考えても、結婚は望めない夢にも思えました。

そんな時に、母の妹である叔母が、結婚相談所を紹介してくれました。

叔母も私の行く末を案じてくれていたのでしょう。

結婚相談所のお金も、叔母が支払ってくれると言ってくれました。

いざ入会してみると、たくさんの男性と引き合わせてくれますし、殆どが私の状況を承知の上で結婚を考えている男性。

安心感もありましたし、それ自体も、介護で疲れ切っている私の息抜きになりました。

「私でも結婚できる可能性が高い」ということに、自信が持て始めたのも事実です。

その中で、とても誠実そうな男性と巡り合いました。

海外転勤で、結婚のタイミングを逃したとご自分でおっしゃる50歳の男性。

他の男性が母を介護付きの病院に入れるなどの案を提案してくれたのに対し、この男性は「一緒に暮らせばいいし、ヘルパーさんの助けも借りよう。

そのぐらいは僕もなんとかできるだけ、働いているよ。

」と年収まで明らかにしてくれました。

その誠実さに心を打たれ、この人なら大丈夫と、結婚を前提に付き合い始めたのが、結婚相談所に入会して1年がたったころでした。

3か月の交際期間を経て結婚し、今はとても幸せです。

20代も半ばを過ぎて・・・

5
archive

20代も半ばを過ぎて、本格的に婚活を始めたいと思ったときに、思い切って結婚相談所に登録することにしました。

それまでは、友達と合コンに行ったり、婚活パーティーや街コンに参加したりといったことはしていましたが、やはり結婚に繋がるような真面目な出会いというよりも、恋愛向けという感じがして、なかなかピンときませんでした。

そこで、まだ早すぎるのかなという気もしましたが、早いに越したことはないと思って結婚相談所を探し始めたのです。

ネットで検索するとたくさんあって迷ってしまいましたが、中でもホームページの雰囲気が良さそうなところで、近くにオフィスがある結婚相談所を選んで、まずは無料の相談を申し込みました。

いざ緊張しながら行ってみると、自分の母と同年代くらいの方が対応してくださいました。

何となくすごく迫力のあるおばさんが出てくるようなイメージがあったのですが、物腰の柔らかい優しい感じの女性の方で安心しました。

最初に料金システムを含めいろいろな説明を受けてから、こちらの状況を説明しました。

早すぎるかと思ったということも話しましたが、婚活は早いに越したことはないとやっぱり言われて、本格的に頑張ってみようという気になりました。

すごくしつこく勧誘されるかと思っていましたが、そんなこともなく、不快なところもなかったので入会しました。

プロフィール写真などの準備が整って、1週間後には男性を何人か紹介してもらいました。

全くタイプじゃないというような人はいなかったので安心しました。

その中の1人とまずは会うことになりました。

相手は年上の方でしたが、結婚相談所には同じく入会したばかりということで、なかなかお互い緊張してうまく話せませんでした。

しかし、なんとなく違うかなという感じがして結局その人とはそれっきりになりました。

しかし、お断りするのも結婚相談所が間に入ってくれることで安心してできて、次に進みやすいというのはメリットだと思います。

やはり数を打てば当たるという面はあると思うので、これからも頑張って活動をしていこうと思いました。